受託試験

試験費(目安)

HOME > 受託試験 > 試験費(目安)

※下記は目安です。試験内容によって変動いたします。
※処理条件が未定の場合は、ご希望お伺いして弊社から試験条件を提案いたします。

超臨界・亜臨界・高温高圧処理(二酸化炭素/水)

処理条件 項目 筒型/据置容器 オートクレーブ 備考
容器容量 5~140ml 300、500、1000ml 攪拌機/サーモウェル着脱可
仕込み量 容器容量に対して最大9割 容器容量に対して最大6割
温度 ~180℃/~500℃ ~400℃
圧力 ~50MPa ~40MPa
時間 0~6時間 0~5時間 応相談
試験費
1)~2)の合計
1)基本料 8~20万円/式 提案書/報告書の作成、装置整備込み
2)実験費 9~15万円/実験
3)他、装置製作/改造など 適宜
例)・超臨界二酸化炭素抽出   :4実験 ⇒ 計44万円(基本料8万円+実験費9万円*4実験)
 ・オートクレーブ処理      :4実験 ⇒ 計48万円(基本料8万円+実験費10万円*4実験)
 ・流通処理(装置改造)   :4実験   ⇒   計60万円(基本料20万円+実験費10万円*4実験)

超高圧静水処理(まるごとエキス装置)

処理条件 項目 100MPa、10L機 600MPa、5L機 備考
容器容量 φ180mm×高さ280mm φ120mm×高さ400mm
仕込み量 6L以下 3L以下 複数検体の同梱可(袋に小分け包装)
温度 ~75℃ 室温
圧力 ~100MPa ~600MPa
時間 0分~24時間 0秒~8時間
※圧力によって変動
試験費
1)~4)の合計
1)装置稼働のみ 5万円/バッチ(実験)
2)提案書/報告書 5万円/式
3)前処理/酵素調合・失活 5万円/式 原料破砕、原料調合/充填、自社酵素使用
4)その他作業 2.5万円/0.5日 濾過、小分け充填、Brix/UV測定、熱殺菌 等
例)・ニンニクのエキス化    : 酵素有、処理条件未定1バッチ         ⇒ 計15万円、上記1)+ 2)+ 3)
 ・ニンニクのエキス化    : 酵素有、処理条件未定1バッチ、固液分離1日 ⇒ 計20万円、上記1)+ 2)+ 3)+ 4)
 ・ニンニクエキスの超高圧殺菌: 処理条件未定3バッチの条件検討        ⇒ 計20万円、上記1)×3 + 2)